一人暮らしの備忘録

一人暮らしをしていく中で、発見したこと、共有したいこと、素朴な日々などを綴っています。

【外注記事】一人暮らしは意外と大変なものである

f:id:izu-no-sonohigurashi:20161025205540p:plain

みなさんこんにちは、その日暮らしの伊豆です。

みなさんの一人暮らし感をお伝えする、一人暮らしの人々です。
きょうはメンバー櫻娘さんの記事「一人暮らしは意外と大変なものである」


今日の記事は、一人暮らしを後から振り返ってのアドバイスです。
意外と何も考えずに初めても、なんとない形に落ち着いていく一人暮らし。


でも、後から振り返ればもっとよくできたのになぁ、ということはたくさんあります。
はたまた、絶対に必要だと思ったのに全く使わなかったり。
予め、いろんな人の苦労話というのは聞いておくに如くは無し。


若干体裁をブログ仕様にしたてていますが原文ママでご紹介します。


どなたでも、一度は「一人暮らしがしたい」と思ったことがあるのではないでしょうか?
私も学生時代、実家に縛られるのが嫌でそう思ったうちの一人です。


そんな私は学校を卒業したあと、すぐに一人暮らしを始めました。
他の人たちと違ったのは

「私が住んだマンションは親が購入してくれたもの」

というところでした。


そのため家賃の支払いがなく、既に働き始めていた私は自由に使えるお金が
たくさんあり、貯金もせず遊び暮れる毎日でした。


今は夫と別に賃貸のマンションを借り住んでいますが、
毎月光熱費や特に家賃の支払いで苦しい生活をしています。


そんな私が昔を振り返りながら、これから一人暮らしをしていく方々の少しでも役に立てばと、
経験からのアドバイスを書かせていただきます。

お金は意識して貯めましょう

まず、ひとつ。
一人暮らしをすると家賃や光熱費、携帯代など
全て自分で払わなくてはいけない人が殆どだと思います。


ですが、一人暮らしをしている方の殆どは自立し、
働いて自分の手で収入を得ている人たちでしょう。


自立してしまえば、家にお金を入れる必要がなくなった方は多いのではないでしょうか?
自分の意思で使えるお金が、増えた方が多いのではないでしょうか。


ここで考えもなしにお金を使ってしまっては、今の私のように

「あの時貯金していれば…」

と後悔してしまいます。


自由に使えるお金の中で、1万円でいいのです。
月1万円ずつで良いので、貯金しましょう。
元々お金はあまり使わない方だ、という方は、もっと貯金してもいいでしょう。


今貯金をしておけば、子供ができたときや病気になってしまったとき、
働けなくなってしまった状況で、お金に困る心配はありません。


まだ先の話だ、と放っておかずに、将来のことを考えて貯金しておくことは、
大切なことだと思います。

家事はきちんとこなす


ふたつめは、家事はきちんとこなしましょう。


掃除や洗濯、これは一人になるとやる回数はかなり減ってしまうかと思われます。


一人でいれば部屋もそこまですぐには汚れませんし、
洗濯物もそんなに出ないと思うので2日に1回くらいで大丈夫でしょう。


ただ、ひとつ。食事はきちんととりましょう。


私は一人暮らしを始めてから、食事を取ることが本当に面倒で、
お菓子やジュースで一日の食事を済ませることが多くありました。


そのおかげで一度、倒れて入院したこともありました。
その間はもちろん、仕事にもいけません。
親から仕送りなどはありましたが自分で得た収入ではなかったので、
そのお金を使うたびに申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。


食事をとらなければお金もその分残りますが、
後々のことを考えると私の場合はかなり損をしてしまいました。


3食食べろとは言いません。それは皆さんの自由ですから、私の口を出すことではありません。
皆さんの好きなときに好きなものを食べて良いと思います。


ただ一食でも良いのです、
何かしっかりと栄養のあるものを食べて体調を整えておく必要があるのです。

物を買うときは捨てるまでを考えて


最後にもうひとつ。


自分で使えるお金が増えたために、女性であれば洋服など。
沢山買い物をするときもあるかと思われます。


ですが、物を捨てられない人は特に、先のことを考えて控えめにしなくてはなりません。
購入したマンションなら問題ありませんが、賃貸の場合はまた次いつ引っ越しするかわかりません。
もうずっとここに居る、なんて人はごく稀なのです。

若いうちに賃貸でものを借りた方は、いずれまた別の場所に引っ越す可能性が高いでしょう。
その時のことを考えて、買う物の量や大きさは考えた方がいいかもしれません。


いかがでしたか?以上は私が実際に経験したことを踏まえた上でのアドバイスでした。
少しうるさい、と感じることでしょう。
しかしいずれ役に立つときもあるかと思われます。
頭の片隅にでも、残していただければ幸いです。

伊豆記

家族と暮らしていると感じるわずらわしさは、
自分自身のことを気にかけてくれているから感じるものです。


「自分でできもしないくせに人に言うな!」

という発言も、

「自分ができなくて困ったからこそ、やっておかなきゃいけなんだよ」

という裏が隠れていることも多々あるのです。


一人暮らしを始めたときは、『何を』気を付けないといけないか。
困ってみないと分からない物です。


お金、物、体調の整理。
きっちり万全にできる人は稀でしょうし、
そこを目指す必要もないと思います。


ただ、管理をしないと限りなく怠惰になってしまいます。
ちゃんと、自分の中でボーダーラインを作っておくことが大切ですね。

広告を非表示にする