一人暮らしの備忘録

一人暮らしをしていく中で、発見したこと、共有したいこと、素朴な日々などを綴っています。

お金を貯める基本的なこと

みなさんお金は好きですか?
もちろん私は大好きです。

お金の話は卑しいっていう風潮がありますけど、
おおよそお金ほど役に立つものを私は知りません。

お金のことばかり考えている人。
お金にこだわらない豪放な人。
お金が貯まるのはやっぱり前者ですよね。

さて、そんな多能な(もちろん万能じゃありません)お金ですが、
大抵のことに使えるが故に、しっかり管理しないと貯まりません。

一番基本的なこと、抑えていますか?

今回もまた、あまりにも当たり前の話です。


f:id:izu-no-sonohigurashi:20161020191814j:plain

何より先に決めた額を貯める

貯めるためのノウハウ云々じゃありません。
何より先に貯めてください。

収入があったとき、何よりもまずお金を貯めて下さい。
預金でも、株式投資でも、貯金箱でも何でも構いません。

収入が月毎なら、月の目標額をまず貯めてください。
日払いなら、毎日決めた額を貯めてください。

お金の使い道を考えるのは、残額でどうぞ。

意外と抑えられる生活費

仮にあなたが月収30万円、保険・年金・税金を除いて手取り22万円と
しましょう。

当然、住宅費、食費、光熱費、その他諸々を22万円の中で
やりくりして生活しますよね。

では仮に、会社の給与形態が変わり、あるいは納税額が増えて、
貴方にはどうしようもなく手取りが4万円減ったらどうでしょうか。

当然あなたは嘆くでしょう。
こんなにお金が減っちゃった、と。

しかし、その次どうするでしょうか。
使えるお金が18万円になったのに、元の22万円での生活を
続けるでしょうか。

当然生活が変わります。

より安いお部屋を探すかもしれません。
電車通勤の方は自転車通勤に変わるかもしれません。
外食で済ませていた方は自炊するかもしれません。
あるいやおやつを、お酒を減らすでしょうか。
趣味を控えめにするでしょうか。

いずれにせよ、『使えるお金が減ったら減ったで生活を考える』
ことができるわけです。

使えるお金が減った理由が、『お金をまず貯めたから』
であっても同じことができるはずです。

お金が足りないのと、貯まらないのは全く別問題

念の為断っておきますが、生活が変えることができるのは、
変える余地がある場合の話です。

生活費をぎりぎりまで切り詰め、趣味も嗜好もまったく持たず、
それでも収入が足りないという場合は状況が根本的に違います。

必要な生活ができるだけの収入を得る手段を早急に探してください。

お金を貯めるというのは、『余裕がある際の贅沢の一種』です。

収入を増やすより、支出を抑える方が簡単

人によって異論があるかもしれません。
(むしろ、その方は方法を教えて下さい)

要は収入と支出、自分でコントロールできるのはどちらかと
いうことです。

概ね、収入は会社・契約者から得られるものです。
お金を支払う側が上流に居る以上、自分でコントロールできる
範囲は限られます。

一方で、支出は自分が得た収入をもとに完全にあなたが
コントロールすることができます。
(当然、税金等の天引きは除かれますが)

収入と、支出の差を作ることでお金は貯まっていくでしょう。

生活の質とよく相談して決めましょう

上で、お金を貯めるのは『余裕がある際の贅沢の一種』と書きました。

お金を貯めることで、ある意味収入が低下することで、
当然暮らし方に『差』が出ます。

食事のおかずが一品減ったでしょうか。
旅行に行ける回数が減ったでしょうか。
その『差』があなたのお金を貯めることのできる『価値』です。

その生活でも満足はできているでしょうか。

『暮らしの差』と、『お金を貯める贅沢』

両者の天秤をよく考えて、決めましょう。
MMOのキャラでもない限り全振りというのはお勧めしません。

広告を非表示にする