読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人暮らしの備忘録

一人暮らしをしていく中で、発見したこと、共有したいこと、素朴な日々などを綴っています。

アドセンス厳格化への不満の意見が腑に落ちません

ブログ 主義主張 虚ろな日々

アドセンスで、アフィリエイトでの報酬(それも多額の)を目指して
ブログを始めた方は多いのではないでしょうか。

声に出さなくとも結構です。
ご自身がよーくご存知のことでしょう。

隠すつもりも毛頭ありませんが、私もその一人です。

10月16日の記事でもしれっと書いてますしね。

www.hitorigurashinobibouroku.com

私の声を聞いて欲しい。
役に立ったと認めてほしい。
人気が出たらお金だって欲しい。
どれも人として当たり前の欲求だと思います。

中でも、お金を得るための手段としてアドセンスを利用したいのは
分かります。
審査のハードルが低い方が良いのも確かでしょう。

ただ、アドセンスで一体何を得たいのか。
立ち止まって考えてみては如何でしょうか。


疑問の発端

この疑問が浮かんだのは、こちらの記事を読んでのこと。

www.pojihiguma.com

     ●本引用により不愉快な思いをさせてしまった場合、
       その旨ご連絡ください。
       私の勝手な私見でご迷惑をおかけすること、
       決して本意ではございません。
       本記事削除を視野にいれ、謝罪させて頂きます。

そしてクリアするための条件の変遷で出てくるのはこんな意見。

●昔は1週間、10記事程度で通ったのになぁ

●プライバシーポリシーに違反していると通らない。

●独自ドメインでないと通らないのかぁ……

●コンテンツの内容が不十分だってさ

●審査の甘い時に申請できてよかった
 ⇒これだけは理解できます。
   収益はともかく、無いより有る、が嬉しいのはわかりますし。

んん?
んんんんん?

え、ちょっと何を言っているのか理解が及びませんでした。

目的は審査に通ること? 審査後に利益を得ること?

私の不見識ならばご意見を頂きたいところです。

皆さん、アドセンスの審査をクリアすることが目的なのでしょうか?
それとも、アドセンスにより利益を享受することが目的でしょうか?

語るべくもなく後者ですよね?

そこで疑問に思うのです。

●10記事程度のブログで一体どれだけのアクセスと、
  そこから生まれるクリックで、一体どれだけの利益を得られるのでしょう?

●利益をくださいとお願いするのに、相手のポリシーを無視して
  そんな要求が通るとお思いで?

●アドセンスにより享受する利益と、
  独自ドメインに移行する手間、費用。
  後者に天秤が傾くのにアドセンスを利用したいというのは
  明らかに矛盾があるのでは?

●アドセンスにより十分な利益が得られるブログならば、
  コンテンツの内容の不十分なんてリジェクトはあり得ないのでは?

これごれも満たしても居ないのに、アドセンスの権利をくれ!
なーんて虫が良すぎはしないでしょうか。

仮に審査が通ったとして。
その程度のブログで一体どれだけの収益が得られるのでしょうか。

例を挙げましょう。
私のこのブログ。
10記事にも満たず、方向性も定まっていないこのブログ。
あなたが広告主なら、このサイトで広告しようと思いますか?

血迷って審査を通したとして、一体どれだけお役に立てるのでしょうか

まずは書く。価値のある記事を生み出す。規約は守る。

アドセンス審査はつまるところ、
『広告主側の利益になる程度に十分なコンテンツを充実させてね』
『約束は守ってね』

この2点に尽きるのではないでしょうか。

逆説的に、これを満たしていない申請をしたところで、
何かしらのリターンが得られるのでしょうか。

私が審査する側の立場であれば、
『規約を守り』『依頼側が十分な収益を得られるほど充実したブログ』
であれば、まず審査を落とすことはありません。

利益を得る手段を考える前に、自信の価値を高めることが
大事なんじゃないかな、と思います。

長い独り言でした。

広告を非表示にする