一人暮らしの備忘録

一人暮らしをしていく中で、発見したこと、共有したいこと、素朴な日々などを綴っています。

実は期間限定 LOTTE 【雪見だいふく】



それどこ大賞「買い物」
それどこ大賞「買い物」バナー

f:id:izu-no-sonohigurashi:20161014185243j:plain

みなさんご存知でしたでしょうか?

日本人ならまず知っている*1、『雪見だいふく』。

実はそのじつ冬のお菓子。

夏場に何故か見かけないなー、と思う方もいらっしゃるのでは?



みなさんこんにちは、その日暮らしの伊豆です。

さて、本日は一人暮らしのふと手に取るお菓子、
LOTTE『雪見だいふく』をご紹介したいと思います。

はてなブログのテーマとして『買い物』というそれどこ大賞
開催されてますし、身近・意外な物を紹介したいと思ったワケです。

とある日、お菓子を常備しているサロンでの夏のやり取り。

私「雪見だいふくあります?」

店員さん「あー、切らしちゃってますね」


翌週

私「雪見だいふくあります?」

店員さん「すいません、打ってなかったんですよー」


翌月

私「雪見だいふくあります?」

店員さん「伊豆さん、毎日見てるんですけど売ってませんよ」

他のお客さん「あ、それって夏は売ってませんよ?」

私「え、ホントに?」

思わずタブレットに手が走る。

すると判明、年中手に入るわけじゃなかったのですよ。

冬のお菓子 雪見だいふく

さて、様々なバリエーションがありますが、
最もポピュラーな物はやはり2個入り。

上のやりとりである通り、期間限定発売*2なんです。

大福とアイスクリームの、いわゆるミスマッチの妙は広告でも巧み
に訴求され、炬燵(こたつ)のある和風の家の屋内を「大福」の
イメージに、窓や庭先から眺める雪景色を「アイスクリーム」の
イメージに重ねて、「大福」と「雪見」を自然な光景の中の馴染み
ある取り合わせとして演出してみせていた。パッケージデザインの
赤と白も同様のコンセプトをもとにしている。

上記はWikiよりの引用で真の出典は不明ですけど、
『冬にあったかい部屋で食べる』という贅沢な思想が
時期を選ぶ理由なのでしょうね。

そして商品実物

f:id:izu-no-sonohigurashi:20161014185243j:plain

皆さんお馴染み雪見大福。
蓋をあければこの通り。

f:id:izu-no-sonohigurashi:20161014185327j:plain

パッケージを開けると兎さんのごあいさつ。
人気商品は見えないところも手を抜かない。

そして一口。

f:id:izu-no-sonohigurashi:20161014185433j:plain

何気ないバニラのアイス、何気ないお餅生地。

そう、慣れ親しんだ私たちには『何気ない』んです。

さてみなさん。『冷やしたお餅』って食べたことありますか?

実は特許出願品

冷えたお餅はもちもちしない。

温めたらアイスが溶ける。

四苦八苦したうえで製法を確立し、独自性が認められた
お菓子だそうな。

さあ皆さん。

何気なーく店列されている雪見だいふく

その目に特別に映ればおひとついかが?

9個入りなら年中発売しています。

買いだめ用かな?




ん? 1個入りはないのかと? それ給食用。

*1:給食のデザートにまでシェアが伸びている

*2:お徳用九個パックは年中発売

広告を非表示にする