読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人暮らしの備忘録

一人暮らしをしていく中で、発見したこと、共有したいこと、素朴な日々などを綴っています。

一人暮らしってなんだろう

一人暮らしを考える

f:id:izu-no-sonohigurashi:20161012191016g:plain
この記事は指摘、気付きによる加筆、筆者の手の平返しが行われる度に
改定されます。
予めご承知おきください。
*1

Q、『なんだろう』
A、『一人で住むこと暮らすこと』
                                  END

いえいえ、そういう事を言いたいわけでもありませんし、
皆さんも読みたいわけではないですよね。

一人で暮らすにあたって、何に気を付け何をしないといけないか?
一人で暮らせばどんないいことがあるのか?

ここでは『一人暮らし』の反対と比較して考えてみましょう。



一人暮らしの反対語は?

私が思うに、『集団生活』が当たるのではないかと考えます。

実家暮らし、と思い浮かぶ皆さんはおそらくこれから実家を出て
一人暮らしをする、している方ではないかと思います。

同棲を、あるいは結婚をした場合。
学生生活や会社生活で寮にいる場合。
などなど、
これらも一人暮らしの反対語となるでしょう。

ではここで、『一人暮らし』と『集団生活』のメリット、デメリットを
考えてみましょう。

一人暮らしのメリット、デメリット

どちらもズバリと、自己責任であることでしょう。

暮らしに必要な衣食住。
全て、自分自身で賄う必要がありますよね。

これはメリットでしょうか? デメリットでしょうか?
捕らえ方の違いに過ぎないでしょう。

好きな服を買い、誰の制約もなく自由な恰好ができる。
その一方で、購入も、洗濯も、クリーニングも、
自分自身でしなきゃいけません。

好きな時に、好きなものを食べられます。
でも、料理はできますか? 作る分量は? 
健康管理と食費の管理は?
実家でお料理してくれたお母さん、寮で給食を作ってくれた
おばちゃんの代わりに自分自身で管理しましょう。

何処に住むのも、住まいのインテリアを決めるのも自由です。
しかし、住む場所を決めるのはあなたです。
住民票は移しましたか?
収入と家賃のバランスはとれているでしょうか。

集団生活であれば、ある程度の役割分担やお任せ項目がある物です。

どれもとらえ方一つで、自由であり自己責任であるでしょう。

一人暮らしをするにあたって。

これから一人暮らしをなさる皆さん、一人暮らしに慣れていない皆さん。
戸惑うことがいっぱいあります。
一度『自分で決めなきゃいけないこと』を棚卸をしてみてはどうでしょう。

私もこれからの記事で気づいたことを紹介いきますなんて言いません。

一緒に考えてみませんか?

*1:ずるいと思います? 私もそう思います

広告を非表示にする